【リユースショップとはどんなお店?】取り扱っている物とお店の一例

リユースショップとはどんなお店のことなの?聞いたことあるけど、よくわかない…

リユースショップという言葉は聞いたことあるけど、具体的には「よくわからない」という人もいるのではないでしょうか?

今回この記事では以下のようなことを解説していきます。

この記事を読んで得られること
  • リユースショップってどんなお店?
  • リユースショップって何を売っているの?
  • リユースショップって具体的にどんなお店があるの?

リユースショップと混在しがちなのが、リサイクルショップです。

ぼたもち

結論からいうと、厳密に別物ですが、同じ意味で使われていることが大半です。

リサイクルショップって聞くとイメージしやすい人も多いかと思いますが、具体的に「どういったお店があるのか」「何を売っているのか」を解説してきます。

知っているお店もあれば、「こんなリユースショップもあるんだ!!」というお店もありますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

目次

リユースショップってどんなお店?

リユースショップとは、「中古品を扱うお店」のことを言います。

厳密には違うのですが、「リサイクルショップ」と同義語で使われることが多いです。

リサイクルショップといえば、家具とか家電製品、洋服とかが売っているイメージ!

多くの人がこのような認識だと思いますが、実は中古品をメインで扱っているお店は全てリユースショップです。

例えば、中古自動車販売店なども「リサイクルショップ」って感じではないですが、中古品をメインで扱っているので、立派な「リユースショップ」になります。

「リユースショップ」と「リサイクルショップ」のもっと詳しい違いについては別記事に書いてありますので、そちらを参照ください。

リユースショップって具体的に何を売っているの?

今はほとんどの物がリユースされています。

リユースされている物の一例

本、衣服、車、バイク、自動車部品、雑貨、家具、家電、楽器、ゲーム、CD、おもちゃ など

専門でその中古商材のみを扱っているお店もあれば、複数の中古商材を扱っている総合リユースショップもあります。

新品をメインで販売しているけど、一部中古品も扱っているお店もあります。

ぼたもち

メインで扱っているものにより、リユースショップと呼ぶのかどうかが決まります。

例えば車のディーラーは中古車も扱っていますが、リユースショップとはいいません。

メインで中古品を扱うお店がリユースショップと呼ばれるお店になりますが、リユースショップでなくても身近にたくさんのリユース品を取り扱うお店があることはわかっていただけたはずです。

リユースショップって具体的にどんなお店があるの?

具体的には、どんなお店があるのか業態別にお店をご紹介します。

総合リユースショップ

セカンドストリートハードオフトレジャーファクトリー

衣服専門店

トレファクスタイルベクトルカインドオルRAGTAG古着買取王国キングファミリーコメ兵

その他専門店

アップガレージ(車部品)ブックオフ(本)タックルベリー(釣り具)JOYLAB(お酒)王の洞窟(プラモデル)

ぼたもち

紹介したのは、ほんの一部でもっとたくさんありますよ。

まとめ

この記事のまとめ
  • ほとんどの物がリユース品として様々なお店で再販されている。
  • リユース品をメインで販売しているお店をリユースショップと呼ぶ。
  • メインは新品だがリユース品も一部取り扱っているお店もある。
  • リユースショップには専門で一部の商材を扱っている特化店やさまざまなリユース品を取り扱っている総合店がある。

近年、エコの意識が高まりつつある為、今後もリユースショップは増えていきます。

お店の数が増えれば、利用する機会も増えてくると思いますが、自分にあったお店を利用することで、お得に買い物することや高く売ることができます。

適当に近所にあるお店を利用するのではなく、自分に合ったお店を見つけてみてください。

おわり

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる