【偽物だったら?】セカンドストリートでの返品方法や対応期間を徹底解説!!

\ この記事がオススメな人 /

  • セカンドストリートで買ったものを返品したい
  • セカンドストリートで買おうと思っているけど、保証が心配
  • どういったものなら返品できるの?
  • いつまでなら返品できるの?
  • 返品するまでの流れを知りたい

セカンドストリートで売っている物の大半は中古品です。新品であれば心配するようなことでなくても、中古品を買うとなると少し不安な気持ちになってしまうことがあります。

「壊れていたら…」「偽物だったら…」「すぐ壊れてしまったら…」と購入するのをためらってしまうことはありませんか?

\ この記事の著者 /

この記事では、セカンドストリートのヘビーユーザーである私が返品の方法からどういったものが返品の対象になるのかを過去の経験から解説します。

リユースショップで働いているので、業界の裏側も知っていますし、スタッフから直接聞いた情報もあります。そういったことを交えながら詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

\ この記事の結論 /

  • 返品可能期間は基本7日以内
  • 電動品は6か月の保証付き
  • 返品可能期間は一部例外もある
  • バッテリーや不注意による故障は返品対象外
  • 返品するにはレシートや保証書が必要
目次

返品が可能な期間と返品対象になるもの

セカンドストリートに限らず、リユースショップでは一定数の不良品などが出てしまいます。もちろん、お店側も商品として出す前に状態の確認などはしています

しかし、人の目で確認するものなので見落としがあったり、売り場に陳列した後に壊れてしまったりと理由は様々です。そのため、セカンドストリートではアイテムや理由によって返品が可能な期間をわけています

  • 大半の物は購入後から7日以内
  • 携帯・タブレットは30日間の返金保証付き
  • 1000円以上の電動品は6か月間の返金保証付き
  • 仕入れている新品の商品は1年間のメーカー保証付き
  • 期間以外でも例外として対応してくれる可能性もある

大半の物は購入後から7日以内

セカンドストリートでは、商品に不具合があった場合、購入から7日以内であれば返品・返金対応が可能です。不具合とは具体的に説明すると以下のようなことです。

不具合の一例

  • 大きな汚れやダメージがあった
  • 使用していたら壊れた
  • 付属品のパーツが足りていなかった
  • 偽物だった(偽物の疑惑がある)
  • 表記されているサイズや色と実物が違った(オンライン購入の場合のみ)

こういった場合は、期間内であれば無条件で返品・返金対応してくれることが多いです。

ぼたもち

パッと見ではわからないようなものは、動作の確認をする場合もあります!

自己都合による返品の場合はお店の判断次第

  • サイズが合わなかった
  • 家に似たようなものがあった
  • やっぱりいらなくなった
  • 他でもっと気に入ったものを見つけた

理由をあげれば様々ですが、商品には何の不具合もないが返品したいと思う場合もあります。そのような場合、返品できるかはお店側の判断次第となってしまいます。

ぼたもち

セカンドストリートのルール的には返品できないが、対応してもらえる場合もある!

返品してもらいやすい例

  • 買ってから数時間しか経っていない
  • 代わりに同額程度の商品を購入する

返信してもらいにくい例

  • 高額の商品
  • ダメージや難がある商品で購入から数日たってしまっている

中古品という特質上、何日も経ってから返品されてしまうと「何回か使って用が済んだから返品されている」と思われてしまったり「状態が悪化してしまったから返品した」と思われてしまうことがあります。

スタッフも1点1点すべての商品を覚えているわけではないので、ダメージや難がある商品は元々そうだったのか、購入後に不注意などでそうなったのかの判断が難しいのが現状です。

携帯携帯・タブレットは30日間の返金保証付き

セカンドストリートでは、スマートフォンやフューチャーフォン、タブレットは専門のセンターで整備されたものを販売していますが、安心して購入してもらうために購入から30日間の保証書をつけています。

ぼたもち

精密機械のため、何日か使って初めてわかる不具合などもあるためです。

具体的な不具合

  • 電源が使っている最中に落ちる
  • SIMを入れても電波が受信しない
  • 液晶の色が一部変色している
  • 赤ロムだった

バッテリーの減りが早いなどは対象外なので注意

1000円以上の電動品は6か月間の返金保証付き

1000円以上の電動品には6か月間の保証が付きます。最初は普通に使えたのに数か月したら使えなくなってしまった…ということがたまに起こってしまうからです。

店頭で購入する場合はもちろんですが、オンラインサイトで購入する場合も同じ保証が付きます。

ぼたもち

中古品でも半年間の保証が付けば安心!

電動品の例

  • コンセントにつなぐような家電製品
  • 腕時計や掛け時計などの電池式の物
  • エフェクターやアンプなどの楽器周辺機器

仕入れている新品の商品は1年間のメーカー保証付き

セカンドストリートでは、一部の商品を外部から仕入れて新品販売しています。値札に「新品」と書かれている物がそれに該当します。

仕入商品の電動品はメーカーの1年保証がつきます。万が一、不具合があった場合は、セカンドストリートで同じ物がまだ販売していれば新しい物を交換してくれますが、そうでない場合はメーカーに連絡して修理か交換といった形になります。

ぼたもち

セカンドストリートで、1年間の返金保証をしているわけではありません。

期間以外でも例外として対応してくれる可能性もある

セカンドストリートでは物によって保証期間が違いますが、例外として保証期間が過ぎてしまっても返金対応してもらえることがあります。

保証期間外でも対応してもらえるもの

  • スマートフォンの赤ロム

赤ロムとは、何らかの理由で通信を止められてしまうことです。止められてしまう理由は様々ですが、一番多いのは前の持ち主が本体の料金を完済させずに支払いを止めてしまっていることです。

滅多にあることではないですが、中古スマホであればどこで買ってもあり得ることです。そのため、セカンドストリートでは期間が過ぎても対応してくれます。

保証期間外でも対応してもらえる可能性があるもの

  • 買った商品が偽物だった場合
  • 保証期間内にあらかじめ連絡をしていた場合

買った商品が万が一、偽物だった場合や偽物の疑いがある場合は、レシートなど買った物が証明できるものがあれば返金対応してもらえる可能性があります。

お店が遠方であったり、予定が合わなくてすぐにはお店に行けない場合も事前に連絡をしておけば対応してくれる場合がありますので、諦めずに一度連絡をしてみてください。

ぼたもち

基本的には特別な対応なので、期待しすぎには注意!!

返品の仕方と必要な物

返品の仕方を店頭とオンラインに分けて解説します。返品には少し必要な物もあるので一緒に準備してください。

  • 店頭購入した場合は買ったお店に持って行く
  • 買ったお店が遠方の場合は近隣店舗でも対応が可能
  • オンラインで購入した商品はサポートセンターに電話する

店頭購入した場合は買ったお店に持っていく

店頭購入したものはお店に直接行けば対応してもらえます。

STEP
お店に持って行く
準備するもの
  • 返品したい商品
  • レシート
  • 保証書(購入時にもらっていれば)
  • クレジットカード(支払いをカードでした場合)

※保証書は1000円以上の電動品を購入した場合にレシートと一緒に渡されます。

STEP
レジで店員さんに返品したい理由を説明

すぐに返品してもらえる場合と動作の確認をしてから返品になる場合があります。不具合を確認できないと返品してもらえない場合があるので注意!!

STEP
返金してもらう
現金で支払った場合
現金で返金されます。
スマホ決済で支払った場合
購入からの日数があまり経っていなければスマホ決済が取り消しされます。日数が経ってしまっている場合は現金で返金される。
クレジットカードで支払った場合
購入から日数があまり経っていなければクレジットカードのデータが取り消しされます。日数が経ってしまっている場合は現金で返金される。
その際に支払ったときのクレジットカードが必要

買ったお店が遠方の場合は近隣店舗でも対応が可能

遠方のお店で買ったけど、「家に帰って使ってみたら不具合があった…」という場合は近隣の店舗でも返金の対応が可能です。

STEP
買ったお店に電話する

いきなり近隣の店舗へ持って行ってしまうと、スタッフが混乱してしまうため、まずは買ったお店に電話をして近隣の店舗で返品したいことを伝えます

ぼたもち

お店の人が近隣の店舗へ連絡してくれてスムーズに話が進むよ!

STEP
近隣の店舗に持って行く

準備するものは、遠方で買った商品でも近隣で買った商品でも変わりません。

準備するもの
  • 返品したい商品
  • レシート
  • 保証書(購入時にもらっていれば)

※保証書は1000円以上の電動品を購入した場合にレシートと一緒に渡されます。

STEP
返金対応

購入先の支払い方法は関係なく、現金で返金されます。

オンラインで購入した商品はサポートセンターに電話する

オンラインで購入した商品も店頭と同じ条件で返品が可能ですが、返品する方法が異なります。

STEP
セカンドストリートオンラインストア サポートセンターに電話する

返品をする際には必ず事前連絡をする必要があります。

注意点
  • 事前に連絡しないと受取拒否される可能性がある
  • 連絡先は問い合わせ先店舗ではなくサポートセンター
ぼたもち

理由をちゃんと説明すれば、すんなりOKしてもらえますよ!

STEP
返送準備をする
返送時に同封する物
  • 返品したい商品
  • 記入済みの返品用紙
  • 返金保証書(電動品の場合)

発送時に同封されていた返品用紙を記入して返送の準備をする。送られてきた箱などを再利用でも大丈夫です。袋で送られてきた場合は、自宅にあるいらない袋などを利用して返送してください。

STEP
着払いで発送する

指定の宅配業者などはありませんので、自分の好きな業者に着払いで発送する。

STEP
商品到着後、返金される

クレジットカードで支払いの場合は取消がされ、代引の場合は銀行振り込みにて返金されます。

ぼたもち

送料や代引手数料、ポイント利用した場合はそのポイントなどもちゃんと返ってきますよ!

返品についての注意点

返品が可能な期間内でも一部、返品対象外になってしまうため解説します。

  • バッテリーや不注意による故障などは返品対象外
  • 別途発生した料金は対象外
  • レシートや保証書がない物は返品してもらえない場合がある

バッテリーや不注意による故障などは返品対象外

携帯電話や充電式の電化製品などのバッテリーは保証の対象外のため返品ができません。しかし極端にバッテリーの減りが早い場合などは返品してくれる場合もあるため一度相談してみる価値が十分あります。

また、自分で落として壊してしまった場合やぶつけて壊してしまった場合などの不注意や過失があって故障してしまった場合も返品の対象外となってしまうので注意が必要です。

別途発生した料金は対象外

使用するのに別途購入した電池や付属品などは返金の対象外となるため、自己負担という形になってしまいます。

ぼたもち

高額の物を買う場合は、レジで動作の確認などをさせてもらうのがオススメ!

レシートや保証書がないと対応してもらえない可能性がある

レシートや保証書がないと、その商品を本当にそのお店で買った物なのかの証明ができないため返金が難しい場合があります。レシートや保証書がそのお店で商品を買ったという証明になるので、保証期間が終わるまでは取っておくおことがオススメ!

まとめ

セカンドストリートで保証してくれる期間は基本的に下記の4パターンです。

  • 購入後7日以内
  • 携帯・タブレットは30日間の返金保証
  • 1000円以上の電動品は6日間の返金保証
  • 仕入れている商品は1年間のメーカー保証

しかし例外として、偽物だった場合や事前に連絡をしておくことで、対応してもらえる場合もあるので、諦めずにお店に連絡をしてみるということが重要です。

買ったものを返品したい場合には以下のようなものが必要です。

\ 店頭購入したもの /

  • 返品したい商品
  • レシート
  • 保証書(購入時にもらっていれば)
  • クレジットカード(支払いをカードでした場合)

\ オンライン購入したもの /

  • 返品したい商品
  • 記入済みの返品用紙
  • 返金保証書(電動品の場合)
ぼたもち

保証も充実しているので安心して購入ができますね♪

セカンドストリートの魅力は安いだけでなく、品ぞろえが豊富で保証も充実していることです。それは店頭だけでなく、オンラインサイトも同じです。店頭しか利用したことのなかった人は是非オンラインサイトも利用してみてください。

セールなども利用すればお得に買い物をすることもできますので、そちらも合わせてぜひ見てみてください。

おわり

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる